周囲の確認はしっかりと

2019年1月25日|カテゴリー「エールブログ
6c6bd9926cb27d0e2a165fe7a502482a

000714ff76c3b7cdfb025d95531f2e9c-e1548294397889

おはようございます。

 


今の時期は、外出すると必ず見かける道路工事。

夜間の工事も増えてきており、年度末まではしばらく続きそうですね。

 


最近は、通行人に対する進入禁止などの看板やガードマンの設置義務が徹底しているため、

第三者への事故は減少しているようですが、


現場内での、職人さん同士の事故はいまだに多く発生しているようです。







4e23711926334e952218503fdfa671ca

13a52c1e280bb24cf045b18c2c659f76

転圧作業中の事故は、挟まれによるものが多く、

小型の転圧機(プレートコンパクター、ランマ、ハンドローラーなど)でも注意をしなければならないのが、

周囲のダンプ、ユンボ、ローラーなどの大型重機との接触事故です。



足元の施工箇所に集中していると、周囲の確認が不足してしまうため、

作業開始前の安全確認と、作業中は周囲の方の声掛けが重要になってきます。

 



突貫工事が増えてくる時期かと思いますが、事故が起きると現場もストップしてしまいますので、

安全確認も大切に!








脚立の作業は要注意

2019年1月16日|カテゴリー「エールブログ
2e2bd81c8a7a735390c91caf58c693a0
7b377cb9f57784631b042465ad2c4f9a

おはようございます。

 

 

 

先日、千葉市内の施設に入ろうとした所

脚立を使用しながら、清掃か設備の点検らしき作業をされている方の横を通り過ぎたのですが

 

短時間の作業工程だったためか、脚立の周囲には、警備の人やカラーコーン等も設置されていなかったので

通行人や進入してくる車との接触事故のリスクが気になりました。

 

 

 

厚生労働省が毎年発表しているデータによると、

脚立やハシゴからの墜落・転落事故で毎年約30人の方が亡くなっているそうです。

 

 

また後遺障害などで、

使用者(事業主)に対する安全配慮義務違反を問われる労災訴訟も増えてきております。

 

 

 

「うちの仕事は、そんなにケガの心配はないよ」と感じている方も多いかと思いますが、

脚立の作業でも重大事故につながる事が多くありますので、

 

死亡・後遺障害による補償のお金と労災訴訟に対する対策はしっかりと準備しておきましょう。

 

 

 

 

 

ケガのリスクについてのご相談は、株式会社エールまでご連絡ください!

 

 

 

 

 

 

 

クレーマーに要注意

2019年1月11日|カテゴリー「エールブログ
61d1fd94c0c348c7a14686aa3d51e72e

95996ad5289759fa4142d09bb153117a

おはようございます!

 

 

今の時期、外に出ていると道路工事の現場を見かけることが多く、

公共工事の年度末にあたる3月までの追い込みで、夜間の作業もピークになってくる頃ではないでしょうか。

 

 

道路や歩道の工事では第三者との接触事故のリスクが高いため、必ず交通誘導員の方が配置されているかと思いますが、

工事車両の誘導、施工作業の手伝い、食事に出るなど

ちょっとした隙に通行人の方が現場内に侵入してしまい、事故につながってしまうことが多くあります。

 

 

また、近年はクレーマーのような人が多く存在しているようで、

万全の安全体制をとっていても、とんでもない言いがかりをつけてくる人もいるそうです。

 

 

「音がうるさくて眠れない」 「通行止めのせいで会社に遅刻した」 「ここで工事をやるなんて聞いてない」 

などなど

 

 

 

そんな人に万が一、現場でケガでもされたら・・・ (*´Д`)

 

 

 

事故が起きる前に、現場のリスクはしっかりと確認しておきましょう。

 

 

 

建設現場のリスクについては、株式会社エールにご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

2019年1月8日|カテゴリー「エールブログ
image1-00A
新年あけましておめでとうございます。

エール代表の夏間です。
みなさま本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨日1月7日よりエールも2019年の営業を開始致しました。

初日の恒例行事、千葉の成田山新勝寺にて商売繁盛と社員、家族の健康をお祈りしてまいりました。

エールにかかわるすべての皆様の1年が良い年になります様に、社員一同精進いたします。 本年も宜しくお願い致します。
image1-00B
だるまを買い始めてもう5年目。

おかげさまで毎年目標達成させて頂いてますので、 ひと回り大きいサイズを買い続けた結果ここまで大きくなりました(笑)

縁起ものなので大安の1月11日に片眼開けさせて頂きます。

新築 エアコン工事

2018年12月27日|カテゴリー「エールブログ
IMG_3636
こんにちは。エール代表の夏間です。 今日は新築のエアコン設置工事についてレポートします。

早速ですが、上の写真をご覧ください。 この現場は鉄骨造の新築戸建てでハウスメーカーさんが建てた家に エアコンの管を通すための穴をあけてエアコンを設置する工事でした。
マスキングテープが壁に貼ってあるのはハウスメーカーの監督さんと 打ち合わせをして鉄骨と設置個所が被らない様にする為だそうです。
IMG_3638
マスキングテープの位置を確認しながら、再度針を使って下地の向こうに何かないか慎重にチェック していました。
IMG_3646
ガー
IMG_3647
ガー
IMG_3648
ポン!
IMG_3649
さすがの職人技です。
エアコンホースを外に出す穴が開通しました。
IMG_3659
あとは室内機と室外機を設置して完成! エアコン業者さんを見学していたら、洗濯機の設置業者さんも来ました
IMG_3651
新築のお宅の階段を重そうな新品洗濯機を二人の職人さんが手際よく二階へ 運んでいました。

今回の工事は大手量販店で施主さんが購入したエアコンや洗濯機を量販店さんの施工店である電気工事会社さんが 設置に来るという請負状態だそうです。
建設業さんが加入している一般的な賠償保険は量販店さんから依頼されて設置する家電などの材料は建設業用の特約(受託物を免責から外す特約)を付帯していないと補償されない場合があります。

ご加入中の証券などを要チェックです!!

エールではエアコン工事などを請け負う業者様にはその業者様にあった保険プランのご提案をしております。 建設業の保険で何かご質問やご相談がございましたらエールまでお問い合わせください!

自宅の補償は要チェック

2018年12月27日|カテゴリー「エールブログ
5a5e4e32db9f5e2992f1ca079083453b
5809336b60d1c22fdd660a75df1bec3c
おはようございます。

 

 

クリスマスが過ぎると街の雰囲気も変わり、

年末年始の過ごし方を考え始めるころかと思いますが、

これから年末の向けてやってくる大寒波が、数年に1度の災害級のレベルになるところもあると予報されているので、

東北方面に帰省される方は要注意ですね。

 

 

 

先日、今年の漢字が公表され「災」が選出されていましたが、

弊社のお客様も、自然災害の被害にあわれた方も多くいらっしゃいました。

特に建物の被害による火災保険の申請が多く、2018年度の保険会社からの支払い総額は
かなりの額になりそうとの事です。

 

 

 

来年の1月1日からは、居住用建物の地震保険料の値上げが決まっていて、

保険会社によっては火災保険料の値上げを公表しているところもありますので、

ご自宅の補償の見直しはお早めに確認して頂くことをお勧めします。

 

 ※上記の文章は一般的な保険の傾向を記載している物で特定の商品の説明や内容を説明している物ではありません。
詳しくは弊社または各保険会社にお問い合わせ頂くか、各保険会社の約款、パンフレット等をご確認ください。

 

ご質問等ございましたら、株式会社エールまでお電話ください。

 




 

 

 

ローリングタワー

2018年12月19日|カテゴリー「エールブログ
d702279bf1eb0f38f192bd9f7d20f74f-e1545174559872
8c369e98433ea929baca0f696bf9beb6-e1545181468396
        ↑  完成後  真っ白でキレイですね!
こんにちは。

忘年会シーズンで飲み疲れの方も多いかと思いますが、年末までもうひと踏ん張りですね。

 

 

先日、弊社の入居しているビルの一階で塗装工事が行われていて、

ローリングタワーを使用しながら、屋根の基礎部分をローラーで塗布していました。

軽量かつコンパクトで便利なローリングタワーですが、

事故も多く、過去には死亡事故も多くあります。

 

高さが3~5メール程の作業が多いかと思いますが、

施工の邪魔になるとの事で、最上部の手すりを外し安全帯未着用のまま作業をおこなったり、

また、人を乗せたまま移動中に、キャスターの劣化や取り付けの不備により外れてしまったなど、

墜落事故で大ケガをする方が多くいるそうです。

 

 

現場に安全管理にうるさい監督がいなかったりすると、

ついつい、安全よりも作業スピードを優先してしまう事もあるかと思います。

 

「注意1秒、事故一生」

 

工期の追い込みが厳しくなってきている時期かと思いますが、

安全確認を意識して取り組んでいきましょう!

 

 

 

建設現場での補償のご相談がございましたら、株式会社エールまでご連絡 ください!


 

 

看板の落下事故

2018年12月13日|カテゴリー「エールブログ
1464de3fad57881de67fecd277d8479a-e1544671697600




こんにちは、今週に入ってグッと寒くなりましたね。

昨日は関東の気象台でこの冬初めての雪が群馬県の前橋市で観測されたようです。

先週までは暖冬万歳! と思っていたのですが・・・(*´Д`)

 

 

 

 

先日、忘年会の帰り道を歩いていると、駅前のビルで看板の取り付け作業が行われており、

横を通り過ぎる際に、一年程前に起きた看板事故を思いだしました。

 

 

ニュースで見られた方もいらっしゃるかと思いますが、

都内で歩行中の女性アイドルが、強風で倒れた看板の下敷きなってしまい、

脊髄損傷により両下肢麻痺となる大変な事故でした。

 

 

 

作業中の事故でしたら、その場で作業を行っている方(会社)の責任が問われる可能性が高いかと思いますが、

取り付けた後の看板の落下事故などでは、

建物の所有者、もしくはテナントの使用者、または工事を請け負った業者など

責任の所在がすぐにわからないケースがよくあります。

 

 

 

対人・対物の事故の際、補償できる保険に加入されている方は多いかと思いますが、

事故の原因や加入されている方の立場によって、必要な保険は違ってきますし、

自然災害などによっては免責(保険での補償は対象外)のケースもありますので、

心配な方は、事故が起きる前に一度見直してみて下さい。

 

※上記の文章は一般的な保険の傾向を記載している物で特定の商品の説明や内容を説明している物ではありません。
 詳しくは弊社または各保険会社にお問い合わせ頂くか、各保険会社の約款、パンフレット等をご確認ください。

 

ご相談などございましたら、お気軽に「株式会社エール」までご連絡ください!

 

 

 

 

 

くい打ち機

2018年12月7日|カテゴリー「エールブログ
c92d659b59ab84a78a62d21120cdadd7
b6f458bd7e4cdbaad874f2d97174142c

おはようございます。

12月に入りましたが、過ごしやすい日が続いており、

例年よりも暖かすぎて、なんだか変な気分です (´▽`)

明日からは気温が低くなるそうなので、寒暖の差には要注意ですね!

 

 

先日も記載しました海浜幕張駅前では昇降機施設整備工事中で、

近くの歩道橋を歩いていると、くい打ち作業が進められていました。

 

 

クレーンで吊り上げた、重量のある杭を打つ作業は

重機のバランスを崩して、転倒してしまう事故をよく耳にします。

 

数十メートルの高さの杭が転倒となると、現場内での事故では収まらず、

第三者の通行人や、近隣の店舗や住宅などにも被害が及ぶ大事故にもなってしまいます。

 

実際は、作業にあたっている方のケガの事故が最も多く、

高所からの部品の落下や、作業指揮者との連携ミス、重機の操縦ミスによるものなど様々です。

 

 

建設現場では第三者に対する事故から、労働者(従業員さん・下請けさん)の方の事故を補償できる準備が必要です。

 

近年は、新規の入場の際に元請けさんからも保険の加入の有無を問われることも多くなってきていますので、

事前にしっかりと、準備をしておきましょう!

 

 

 

建設現場の保険は、株式会社エールまでお問い合わせください。

 

 

 

 

 

香港・マカオの建設現場

2018年12月3日|カテゴリー「エールブログ
dba5c60b9459fdd5ed9256b44a37db22-e1543818878184
こんにちは。エール代表の夏間です。 先月は仕事で香港・マカオに行ってきました。 今回は香港・マカオで見た建設現場風景の事を書いてみようと思います。
338b601da8ee531e8d746a69a1dde723
香港の改修工事の現場です!
b76e671794971197df219600d3cd16d1
日本の現場と違うところがあります! お気づきでしょうか? そうです! 足場が『竹』なんです。
4b7ab18704a50712a7643d067299f386
下から見た感じはこんな感じです。
1552
竹と竹の接合部はこんな感じです。 低い建物だけではなく超高層ビルも竹の足場でした!

保険屋目線で見ると職人さんの腕次第の完成度になるので賠償保険などは 相当リスクが高いと感じてしまいます。 日本の足場は大規模修繕工事などが盛んになってきて、年々足場自体もきれいなものを使う業者さんが増えてきて ネットも白いものから黒いものが主流になりつつあります。

あの黒い足場のネットは材料屋さん情報だと住んでいる人からの視界はなるべく遮らず、外部からの視線は カット出来るような構造らしいですね!



建設業の保険の事ならエールまでお問い合わせください!
side1
電話でのお問い合わせ
※スマホの場合タップすると電話がかかります
お問い合わせ資料請求