本年も何卒宜しくお願い申し上げます

2021年1月6日|カテゴリー「エールブログ

新年あけましておめでとうございます


旧年中は格別のお引き立てを賜り、誠に有難うございました。


本年も、皆様により一層ご満足サービスを提供し、お役立て頂けるよう、精進して参りますので、

今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


本日(1月6日)より新年の営業を開始しております。


113726

年末のご挨拶

2020年12月28日|カテゴリー「エールブログ

こんにちは、エールの吉田です。

本日が年内最後の営業日となりました。

今年を振り返ってみますと、コロナの影響で仕事の体制からプライベートの過ごし方まで、 大きな変化を強いられる一年間でした。
d1acc850c1b839b28bfa544b38c0fe0d



多くの企業がコロナ禍による売り上げの減少から、リストラや倒産に追い込まれているなか、 無事に年末を迎えられたことはお客様をはじめ、多くの方たちの支えがあってのことと心から感謝申し上げます。

当社はリスクコンサルタントとしてお客様にアドバイスをする立場であり、 感染対策には十分注意をしていたため、幸いにも社内のメンバーからは感染者は出ませんでしたが、
今もなお都心部を中心に感染者数が拡大していますので、年末年始も気を緩めずに感染対策をしっかりと続けていきます。


2021年も株式会社エールはお客様のリスクに対してコンサルティングを通じて 常に最適な解決策を提案し続けらるよう邁進してまいります。

新年も何卒よろしくお願い申し上げます。


事故は突然に・・・介護の保障を考えましょう!

2020年12月25日|カテゴリー「エールブログ
d107c83fc2613f86272473d7a87151ed
昨夜はどんなクリスマスイブを過ごされましたか?
こんにちは、事務担当の波多野です。

我が家は股関節脱臼で入院していた愛犬クララの退院をお祝いしながらクリスマスケーキをいただきました。
14歳の高齢で、しかも26キロの肥満のクララにはかなりの致命傷です。おトイレは支えがなくては自力でできず、食事で立っているときも一部介助が必要です。

人間の公的介護認定で表すと、少なくとも「食事や排せつ・立ち上がりや歩行などに何らかの支えが必要であれば介護2」場合によっては「介護3」でしょうか。



52656666d0928e34ba259cdb89473fbd
私たちが介護になって困る事とが2つあります。
「介護にかかる経済的な負担」と「介護にかかる精神的な負担」です。
今は共働きの方も多く、家族が介護をできない場合は施設介護を選択することになるでしょう。10年間で最低3000万の準備が必要と言われています。また、精神的負担とは、「家族に介護で迷惑をかけたくない」「介護をしてくれる人が近くにいない」「家族が認知症で目が離せない」など何らかのストレスを抱えることになります。

計画的に資産を積み立てることや保険の準備が必要となってきます。
私自身は自分が亡くなった後に支払われる死亡保険よりも生存中に受取れる介護保障に興味があります。
就業不能や介護保障は人生100年時代のリスク対策ですね。

まもなく2021年を迎えます。ホームページ・ブログをご覧いただいている皆さま、
本当に多くの皆さまにお世話になりました。心より感謝申し上げます。
来年も引き続きよろしくお願い致します。

それでは皆さま、よいお年をお過ごしください。





年末年始の休業日のご案内

2020年12月23日|カテゴリー「エールブログ
61d9901d1a568cd83e68c15229500a75
拝啓 師走の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ではございますが、下記期間を休業とさせて頂きます。

来年も、より充実したサービスを提供できるよう、精進して参ります。

期間中はご不便をお掛けしますが、ご了承の程、宜しくお願い致します。


               記

≪年末年始休業日≫
2020年12月29日(火) ~ 2021年1月5日(火) 
   
※休業明けの営業開始は、1月6日(水)からとなります。


休業期間中の事故のご連絡は、各保険会社までお願い致します。

<AIG損害保険>                                         
 〇事故受付センター                 0120-01-9016   
 〇自動車事故の場合  (ロードレスキュー含む)   0120-416-652
 
<損保ジャパン>
 〇自動車保険の事故受付                          0120-256-110          
 〇火災・傷害保険などの事故受付         0120-727-110

<東京海上日動>
 〇事故受付センター                                0120-119-110    

  ※すべて、365日24時間受付です

                            以上

自筆の遺言書を法務局で保管してもらえます

2020年12月18日|カテゴリー「エールブログ
849413ce59d84b1f91fcb14b14c829db2
あと2週間でお正月になりますね。 事務担当の波多野です。
今日のテーマは『平等』です。

高齢化が進む中で『遺言書』への関心が高まっているようです。今年7月には、手書きの遺言書を法務局で1通3900円で保管してもらえる新制度が始まりました。
従来の制度と比べて手間や費用のハードルが低くなり、10月までにの保管件数は9164件とのことです。遺産相続を「争続」にしないためには生前のうちに対策することが得策です。

私は今まで4回の相続を身近で見たり体験しました。
2回は私の両親がそれぞれ相続人として親から財産を受け継ぎました。
父は祖父から福岡の土地を5人の兄弟で相続しました。戦前は長男が全財産を引き継ぐ「家督相続」の制度があったことをご存じでしょうか?
昭和44年の祖父からの相続は長男であった父が土地を売却し兄弟で分けたそうです。叔母が『平等』に分けてもらえて喜んでいたことを後から聞きました。
母の場合は、建設業を営んでいた祖父母から、その当時住んでいた土地や会社の株(自社株)を受け継ぎました。5人姉妹でしたが預貯金も含めて、争うこともなく財産を引き継ぐことができたそうです。


173486602798625406738be33f9d3548
そして私は、生前、父が決めてくれたゴルフ会員権や預貯金を、母からも思い出の品々を遺してもらいました。 相続をしたというよりは、両親の愛情に今でも守られ元気づけられているような思いがします。

『相続』は『平等』であることで争い事が起こらずに引き継がれるものではないでしょうか。
もしも年末年始にご家族でお話しできるタイミングがあれば『相続』についての話題で思いを聞いてみてはいかがですか?

来週はクリスマスですね。私が小学生の頃、父がクリスマスになるとビング・クロスビーの「ホワイトクリスマス」を歌ってくれたことを思い出します。

エールのブログを読んでくださる皆さまに、心を込めて『Merry Christmas』




まさかの時だけではなく、まさかが起きないよう

2020年12月16日|カテゴリー「エールブログ
こんにちは。
エールの小笠原です。

今日は、強い寒気の影響で、全国的に厳しい冷え込みで、通勤中の気温は1℃と本格的な寒さとなり、寒さに弱い私には辛い朝になりした。

あと半月で、2020年も終わりますが、コロナ一色で、仕事もプライベートも色々なことが大きく変わった一年でした。

仕事では、リモートワーク、在宅勤務、出社はするけど日数や人数を制限、来社や訪問などの営業活動も制限をした企業様も多いと思います。

多くの人がテレワークをするようになる中、自宅から会社のサーバーにつなぐリモート接続をねらって、パスワードなどを破ろうとするサイバー攻撃が、増え続けているようです。

中でも攻撃の増加が確認されたのは「リモートデスクトップ」と呼ばれるシステムで、自宅のパソコンから会社のサーバーなどに接続して操作できるようにするもので、テレワークで多く使われるようになっていること。

あらかじめデータを空にしたパソコンで、「リモートデスクトップ」の機能を設定し、外部からのアクセス制限を行わずに公開状態にて実験したところ、様々な国からログイン画面にパスワードを入力してこじあけようとする攻撃が確認されました。

IDとパスワードをともにアルファベットの単純な文字列に設定したアカウントは、侵入を受けましたが、パスワードをアルファベットに数字や記号を組み合わせて設定したアカウントは、攻撃者が手当たりしだい入力してこじあけようとした形跡がありましたが、侵入はされなかったようです。

攻撃を受けたとしても、設定次第では侵入を防ぐこと、防衛ができていることになります。

まさかの時(侵入された)だけではなく、まさかが起きないよう
(侵入されない)に対策をするいい例ではないでしょうか?

サイバー攻撃によるリスクは、今に始まったことではなく、コロナ禍という環境により、そのリスクが広がりました。

同じように取り巻く環境が変わることでリスクが変わってきても、潜在的なリスクは気づかないことが多いため、エールでは事故や損害を事前に防ぐ、情報やアドバイスを提供することで、リスクからお守りする提案をさせて頂いています!

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e11

ご存じですか?「自動車保険の年齢条件」

2020年12月11日|カテゴリー「エールブログ
00ded35e91f965254a9bbfcf26d42b59
こんばんわ!波多野です。
早朝テレビのスイッチを入れると2020年最後のメジャー「全米女子オープンゴルフ選手権」が開催されていました。笹生優花プロと渋野日向子プロが上位で活躍中です。
コースの美しさや女子プロの技術も魅力的でしたが、渋野日向子プロの赤と緑のゴルフウェアがクリスマスをイメージしているようで可愛いくて応援に力が入りました。今週末はゴルフに集中します。

12月に入りますと自動車保険についてのご照会が増えます。
年末年始、公共交通機関ではなく車で帰省される方も多いのではないでしょうか?

ご照会の中に「20歳の息子(別居の未婚の子)が年末年始休みの間帰省し実家の車(年齢条件30歳以上)を運転する予定です。年齢条件の変更は必要でしょうか?」

答えは「いいえ、一時的な帰省であれば年齢条件の変更は不要です。別居の未婚の子は年齢条件の適用対象外です。」
『別居の未婚の子』とは、戸籍上婚姻歴の無い別居の子という意味です。ちなみに『別居』とは住民票の内容を気にされている方がいらっしゃいますが、別居の定義は『実態として生活の拠点がどこにあるか』で判断されます。

私も自動車保険の取り扱いについて勉強中です。
詳しいご相談は当社エールの営業にお任せください!


見直しのきっかけ

2020年12月9日|カテゴリー「エールブログ
こんにちは。
エールの小笠原です。

もコロナ禍だからか、12月に入っても、今年は例年よりも年末らしさをあまり感じていませんでしたが、気温も低くなり、少しずつ、年末を実感するようになってきました。

今年お世話になったお客様へ年末のご挨拶回りをしている道中、数年前にDMの反響でご連絡を頂いた企業様の前を通ったので、反響を頂いた当時は、色々な事情があり私からご加入頂くことができなかったのですが、エールに入社し、ご提案の幅が広くなったことで、お役に立てればという思いから、挨拶に伺いました。

久しぶりの訪問にも関わらず、私のことを覚えていて下さり、現在加入されている保険の更新時に見直しをしたいので提案して欲しい、との依頼を頂きました。

見直しをしたい理由としては、「請負うメインの仕事が変わった」「保険料を抑えたい」「補償内容を確認したい」ということでした。

建設業様向けの保険は、請負う仕事の内容、売上高により保険料が算出されるため、仕事の内容が変わったり、売上高が増えることで保険料が高くなることがあります。
今まで事故がなく、保険を使うことがなかったとのことで、保険料負担が割高に感じられている様子でした。

御見積させて頂く上で、現在の仕事の内容、売上高を確認、現在ご加入の内容がその企業様に合ったプランになっているかを保険証券にて確認させて頂きました。

建設業の企業様にご加入頂く際には付帯して頂きたい特約をしっかりとセット、団体プランにより保険料もメリットを感じて頂けるプランにてご提案し、ご満足頂けました。

保険の見直しについては、検討されている方も多いと思いますが、なかなか行動に移すきっかけがないのでないでしょうか?

そのような方は、是非、建設業専門保険代理店エールへご連絡下さい!

pixta_23095804_M-before1

image2-before1

国土強靭化 5ヵ年計画 15兆円

2020年12月7日|カテゴリー「エールブログ


こんにちは、エールの吉田です。


先日、赤羽一嘉国土交通相は閣議後の記者会見で防災・減災のための「国土強靱化」について、
菅義偉首相から2021~25年度に15兆円規模の5カ年計画を策定するよう関係閣僚に指示があったと発表しました。


今回の対策は、18年度にまとまった『防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策』の後継となるもので、
18~20年度の3カ年の事業費は約7兆円としていましたが、この緊急対策が20年度末で終了するため、
与党、地方自治体、建設業団体などから継続を求める声が強まっており、
終了後の対策は5年で12兆円を検討していましたが、20年7月に豪雨で甚大な被害が出るなど、気候変動で激甚化する自然災害への備えが引き続き必要だと判断し、事業費15兆円を確保して対策を拡充・継続する予定です。


ce371320db54b9eb43f94d56fc5dbeed


2021年はコロナによる新規建設需要の低下や、
オリンピック特需の後退などから見通しが危ぶまれていましたが、
今回の予算が通れば、公共工事を中心に需要が増えてくるのではないかと思います!
745c4bff2469c857d05aeae045f4f3d7



公共工事を元請けとして受注する場合には経営審査事項の登録申請が必要となりますが、
一定の条件を満たせば保険の加入によるポイントの加点も可能となりますので、
気になる方は建設業専門の保険代理店 株式会社エールまでご連絡ください!

糖尿病の予防や治療継続は重要です

2020年12月4日|カテゴリー「エールブログ
98b3c6d099b664f6b0cbf4b3dad412e8
こんにちは、波多野です。私は毎朝、老犬のクララを大型カートに乗せ、6時前からお散歩をしています。夜明け前に見えるお月様がとてもきれいで眠気も覚めてしまいます。

昨日、スポーツニュースで、巨人が坂本内野手の通算2000本安打を祝して東京タワーとコラボレーションし、特別ライトアップをすることを知りました。背番号にちばんで6日に実施予定とのこと。色はジャイアンツカラーをイメージしたオレンジ色でとても楽しみですね。

今年はコロナに対しての注意喚起や医療従事者へ感謝や敬意を込めたブルーライトアップが各地で実施されています。

少し前になりますが、11月14日も『世界糖尿病デー』として全国各地でブルーのライトアップが実施されました。
b41877e5d586b1b557850fd91ad9fe5e
11月14日が世界糖尿病デーになった理由は、インスリンが血糖値を下げることを発見したカナダの外科医(フィレデリック・バンティング)の誕生日(1891.11.14)にちなんで決められたそうです。
現在、日本には約1000万の「糖尿病が強く疑われる人」が存在しているそうです。世界では成人人口のおよそ9.3%となる4億6300万人が抱える病気となっています。
一般的に死に至る病気の認識は薄いですが、年間500万人以上が糖尿病の引き起こす合併症などが原因で亡くなられています。
糖尿病の重症化予防のためには早期発見・早期治療が重要であることを『世界糖尿病デー』で周知、啓発運動しているそうです。

生命保険のご相談でも「糖尿病」の告知をいただくことがありますが、継続的に治療をされて血糖値などがコントロールされている場合は保険料の変更などによりご加入できるケースも増えています。
弊社は建設業に詳しい代理店ですが、生命保険や医療保険も得意としております。お気軽にご相談ください。


電話でのお問い合わせ
※スマホの場合タップすると電話がかかります
お問い合わせ資料請求